RC HOTEL 京都八坂

JP

EN

CN

RC HOTEL 京都八坂

JP

EN

CN

インスタグラム

フェイスブック

BLOG


ブログ

  • TOP
  • アールシー 陶器市  11/20(土)、21(日)開催

2021.11.15

アールシー 陶器市 

 

日時 :2021/11/20(土)、21(日) 10時−17時
場所 :RC HOTEL 京都八坂前敷地
入場料:無料

 

出店作家:坂本森海、大江志織、DAISAK、土屋未久、時山桜、平田万葉、松島崇、松島晶子、横山充、リュ・ジェユン

 

 

アールシー陶器市、今年も開催!!毎年この日を楽しみにしてくださっている皆様、お待たせしました。今年で4年目を迎える「アールシー陶器市」は陶土を扱って制作を続けるアーティストが集まり実験的な陶器市を行う、2日間だけののユニークな陶器市です。日常使いの器から、アートなオブジェと、時々暖かいコーヒー。。清水焼きの陶器屋が立ち並ぶ八坂通りは紅葉真っ盛り🍁になる予感です?!
皆さまのお越しをお待ちしております

2021.11.05

3展「Stairway to Heaven」

会期: 2021年11月3日(水)ー2022年2月8日(火)
会場:RC HOTEL 京都八坂
時間:11:00-19:00(※屋外に作品が有るため日没前の鑑賞を推奨します)
住所:〒605-0827 京都市東山区八坂上町370番地
電話:075-354-5406

 

この度RC HOTEL 京都八坂では大野晶(おおの ひかり)万代洋輔(ばんだい ようすけ)夫妻、そして愛犬のたま子(たまこ)からなるユニット「3(さん)」の初めてとなる展示「Stairway to Heaven」を開催致します。

 

「夫妻と愛犬によるアーティスト・コレクティブ」…前例はこれまでおそらく無いにしても、ほっこりしたイメージを否応なく持ってしまう。
しかしこの2人と1匹からなるコレクティブ、3の「Stairway to Heaven(天国への階段)」と名付けられた本展はむしろ奇妙なまでのストイックさに貫かれている。

 

彼らの愛犬のたま子は今年の4月に二人の元へやってきた黒柴の子犬だ。
作家夫婦の間に現れたたま子は彼らの生活を全く変えてしまった。というよりも、今やたま子中心に彼らの生活は成り立っているようだ。

 

日々予想外に移動する物の隨に
区切られた生活の隙間に
ふと忍び込む不満の影に
表現は足元に

 

作家のリアリティは、現れた生活のリアルに敏感に反応する。
変化を余儀なくされる状況の全てを取り込み、翻弄されることもまた判断のきっかけだと言わんばかり。ギリギリをいつも許容していけるのは、たま子の跳ね回る存在感ゆえ。この状況から実験的に表現を試みるのも自然なことなのかもしれない。

 

来たる展示「Stairway to Heaven」では本人たちにも予測できない即興的なアイデアをベースに制作が進められた。プランが二転三転しつつも現場からは根底に有るであろう「移動と紐付け」というテーマを読み解くことができる。空間に与えられた要素は厳しく象徴性を持って、ある種ロマンティックに、彼方へと向かうその先を示している。

 

今が決して幸せなだけな状況ではないと本人たちは言う。しっかりとたま子を抱きしめる彼らの真意はまだまだわからない。

 

RC HOTEL京都八坂ディレクター 熊谷卓哉

 

 

大野 晶 Hikari Ono
1990年 ドイツ リューネブルク生まれ
最近の主な展覧会
2021「La Boîte-en-Valise」Office Baroque(ベルギー)
2020「Object for Painting」XYZ collective(東京)
2019「熱帯夜-Tropical Nights-」車屋美術館旧小川邸(栃木)

 

万代 洋輔 Yosuke Bandai
1980年 東京生まれ
最近の主な展覧会
2021 「digitus」 TARO NASU (東京)
2019 「六本木クロッシング2019展 : つないでみる」森美術館 (東京)
2019「FOTO / INDUSTRIA」International Museum and Library of Music (ボローニャ)

 

たま子 Tamako
2021年 東京生まれ

 

RC HOTEL 京都八坂

〒605-0827 京都市東山区八坂上町370番地
TEL:075-354-5406FAX:075-354-5407

RC HOTEL KYOTO

ページトップへ