RC HOTEL 京都八坂

JP

EN

CN

RC HOTEL 京都八坂

インスタグラム

フェイスブック

EVENT


イベント

2017.12.20

rchotelkyotoyasaka  COUNT DOWN Partyのお知らせ。

12月31日(日)21時〜、RC HOTEL 京都八坂では、ルーフトップを開放してカウントダウンパーティを行います。

清水寺の除夜の鐘を聴きながら、2017年を振り返り2018年を祝いたいと思います。

2017.12.15

 

RC HOTEL 京都八坂の夜の姿です。

伝統的建造物群保存地区にありながら、奇跡的に建てられた鉄筋コンクリート造陸屋根のアパートメントがRC HOTEL 京都八坂です。

観光客がいなくなったひっそりとした夜の八坂通りもおすすめです。

2017.12.12

 

303号室はLy×RC HOTEL京都八坂///Lyのpaintingがこのお部屋には3つ展示されております。RCHOTELの地下にはLyのmuralが描かれているので訪れた際はチェック!

Ly

東京生まれ。ペインター。白と黒と、グレーを使い、海外で訪れた街並みや、幼い時から妄想していたランドスケープ(風景)を描く。その風景には自身の気持ちや想いを投影したモンスターが彷徨っている。
幼少よりアートスクールで絵を学び、11歳の時のデッサンの授業で一緒にスクールに通っていた友達に圧倒的な技術の差を見せつけられ挫折。スクールには通うものの、自由に描くのみ。絵は一向に上達せず、中学生の時にデッサンが下手なので美大には行けないと思い込み、美大への進学をやめる。
高校の時、ストリートアートに出会い、ミューラルペイント、グラフィティの魅力を知り、影響を受ける。Mural ArtやStreet Artを通したコミュニケーションを目指し制作している。高校生の時からハーモニー・コリンが神様。

東京を中心に日本(5ヶ所)、アメリカ、パリ、バンコク、マレーシアなど国内外でミューラルを残している。自分が想像する完璧なランドスケープを描くために制作している。

Selected works

Solo Exhibition「PARK’S GRAY」(2013,GALLERY TARGET/Tokyo)
Solo Exhibition「harmony 」(2014,Gallery COMMON/Tokyo)
Mural「HATEFUL LANDSCAPE」 (2014,MUJI at Shinjuku/Tokyo)
Mural「PARCO’S PARK」(2015,Shibuya PARCO/Tokyo)
Mural「LUVLUVLUV」(2015,The Jam Factory/Bangkok)
Solo Exhibition 「FAR FROM HOME」(2016, ISETAN JAPAN STORE/Malaysia)

 

 

2017.12.10

バスアメニティはベルガモット、マンダリン、ゼラニウム等のハーバル系シャンプー/コンディショナー/ボディウォッシュを全室にご用意しております。
凛としたハーブの香りが旅人の足取りを軽やかにしてくれます。

概要

POETIC SCAPE×RC HOTEL 京都八坂
featured artist : 野村浩 | HIROSHI  NOMURA

この度RC HOTEL 京都八坂ではPOETIC SCAPEによる野村浩展示「EYES」を開催致します。
東京・中目黒の写真専門ギャラリー、POETIC SCAPEによってコーディネートされた301号室と302号室の
お部屋の壁には写真家「野村浩」の「EYES」シリーズの展示をしています。


◉ 野村浩「EYES」について

1 .白い丸いシールに楕円定規で黒い楕円を書き込む

2. そのシールを、身の回りにあるモノに2枚貼る

3. カメラで撮影する

野村浩の作品「EYES」の制作方法は、このように至ってシンプルです。ただ、その子供の遊び のような行為から、とても興味深い作品が生まれます。シールを身の回りのモノに貼った瞬間、 そのシールは目となり、先ほどまでのモノに命が宿り、みる “ 者 ” とみられる “ モノ ” の立場が 逆転するのです。鼻や口など他の顔の器官とは異なり、目は明らかに「生命」の象徴としての役 割を担っています。野村浩は、シールを貼るという、ほんの些細なことで、私たちが普段信じきっ ている現実に揺さぶりをかけるのです。



野村浩 Hiroshi Nomura

1995 年 東京藝術大学大学院美術研究科油画専攻修了。
キヤノン写真新世紀第 3 回(1992 年)、第 5 回(1993 年)公募優秀賞受賞。
個展に、1997 年「THE GENESIS OF THE EXDORA WORLD」(Taka Ishii Gallery /東京)、 2008 年「目印商品 展」( LOGOS GALLERY /東京)、2017 年「Doppelopment」(POETIC SCAPE /東京)など多数。また 2012 年「PHOTOESPAÑA 2012 Asia Serendipity(スペイン) など海外のグループ展にも多数参加している。2010 年エルメスの季刊誌『LE MONDE
D’ HERMÈS』ゲストページに 10 ページにわたり『EYES』の作品が掲載された



| POETIC SCAPE(ポエティック・スケープ)
2011 年に東京・中目黒に開廊した芸術写真専門ギャラリー。取り扱い作家は野村浩、熊谷聖司、野村佐紀子、森山大道など

東京都目黒区中目黒 4-4-10 1F

https://www.poetic-scape.com/

2017.11.30

2017.11.10

 

八坂エリアに残された、コンクリート造の古い共同住宅をリノベート。無骨な建物の表情をそのまま生かし、ミニマルで洗練された宿泊施設に生まれ変わりました。

ページトップへ